• 佛國寺のあゆみ
  • 特徴
  • 愛子大佛
  • お寺のご案内
  • 年間行事

佛國寺のあゆみ

佛國寺のあゆみ

佛國寺は、JR仙台駅から西に約10km、JR愛子駅北側の高台にあります。もともとはお寺を持たず、仙台市内で長年にわたり辻説法や托鉢を続けていた東和聖林住職が、そこで得た浄財をもとに、小さな伽藍を建てたのがはじまりです。
東和師は、浄財を施してくださった方々に恩返しをしたいと、永代供養料無料で墓地の募集を開始しました。前例のない試みは大きな反響を呼び、数回にわたって区画を拡張。4,000坪の墓域1,300区画は現在すべて使用済みです。その後、新たに土地を購入して愛子の丘霊園を開園しました。
皆様のおかげで開かれた佛國寺は、今後もお寺に助けを求めて訪れるさまざまな方のために、広く門戸を開き、恩返しを続けていきます。

特徴

特徴

佛國寺は「仏教はもともと一つである」という考えのもと、他の寺派・派閥に属さない無宗派です。宗派を問わず、広く皆様にお出でいただけるよう、佛國寺の宗派は「皆の宗」といっております。
また、仏僧は人々の余ったものをいただいて生きるのが基本です。佛國寺は托鉢で皆様からいただいた浄財で開かれました。これからは皆様にその恩返しをさせていただくことが当寺の務めだと考えておりますので、寄付金や檀家割り当て金などを強制することはございません。
佛國寺は、仏教の教えを通じて、皆様のお力になれる開かれたお寺でありたいと願っています。

東和聖林住職について

東和師は、仙台市内で辻説法や托鉢を行い、そこで得た喜捨をコツコツためて佛國寺を開きました。震災被害者の方々や、現代のいじめ・自殺問題に、僧侶として心を痛める東和師の夢は、社会に疲れた人が蘇生できるための、自給自足のユートピアをつくること。托鉢時に下げていたプラカードに込められた思いは今も変わりません。「かけこみ寺の佛國寺、誰に遠慮がいるものか、坊さん訪ねていらっしゃい」

愛子大佛

愛子大佛

佛國寺には愛子の町を見下ろすように真南を向いて鎮座している大仏様(愛子大佛)があります。愛子大佛は皆様の幸せを御祈念申し上げる大仏様です。愛子大仏は平成14年10月に東和聖林住職によって建立されました。
また、「浄土霊廟(永代供養・納骨堂)」「愛子の丘霊園」の守り本尊でもあります。
ご高齢の方が少しでもお参りがしやすいようにと、ナムナム号(スロープカー)を設置いたしました。駐車場からナムナム号(スロープカー)に乗りまして、大仏様をご参拝ください。乗車賃はお気持ちで結構です。

愛子の丘霊園

愛子の丘霊園

大仏様のお膝元にある南側の斜面墓地で、花と緑に囲まれた理想的な環境です。ナムナム号(スロープカー)があるので、お墓参りの際にご利用ください。
「負担を少なく、誰でも信仰を持てるように」という基本理念のもと、宗派を問わず、ご相談を承っております。

お寺のご案内

名称 愛子大佛 佛國寺
住所 〒989-3212 宮城県仙台市青葉区芋沢字大竹原49-1
電話 022-394-5122
FAX 022-394-5120
駐車場 無料駐車場50台あり

年間行事

佛國寺では檀家様や一般の方を対象に行っている行事があります。参加費はすべて無料です。皆様おそろいでいらしてください。

花まつり 毎年 4/8 11:00~ 誕生仏(お釈迦様の生まれたままのお姿)に甘茶を注いでお誕生をお祝い する行事です。
子どもブッダ会 毎年、春と秋のお彼岸の中日10:00~ 楽しい仏教の話と坐禅、数珠つくりなどをする行事です。
家族会 毎月第二土曜日16:00~ 仏書を教材とした講話(対話式)坐禅と茶話会をする行事です。
  • 愛子大佛

    愛子大佛

    愛子大佛は花と緑に囲まれた静かな環境の中で、いつも愛子の丘霊園を見守っています。

  • 永代供養

    永代供養

    永代供養の詳細、料金に関してはこちらから。

pagetop
pagetop